脱毛後シミはできませんか?

脱毛後シミはできませんか?

脱毛後に気になるのが、「肌荒れは起こらない?」「光やレーザーをあてるなら、シミになったりしない?」といったお肌に関する悩み。脱毛後のシミは出来る場合と出来ない場合があり、その差は「アフターケア」です。

 

脱毛の際には基本的に毛根の中にあり、毛の大基である「毛乳頭」を熱変形させることでそもそもの毛を生ませない、という方式で脱毛する場合がほとんどですから、変形させるために使った光やレーザーの熱で肌は熱を持ちます。

 

それをほおっておくと皮膚が弱まってしまい、シミ、黒ずみの実態である黒い「メラニン色素」が分泌され、結果的に黒ずみ、しみになってしまうという結果を招いてしまいます。ただしこれはアフターケアとして「冷やす」のが非常に有効的で、冷やすことによってメラニン色素の分泌を抑え、脱毛後のシミを抑えることが出来ます。

 

毛穴が抜けて引き締まる分、逆に美肌効果だって得ることが可能なんですよ。このように、脱毛後に起こる肌トラブルというものは「アフターケア」によって変わってきます。脱毛後のシミを抑えたいのなら「冷却」を忘れないようにしてください。